前へ
次へ

やりがいを感じられる訪問介護

訪問介護の大きな特徴が、ヘルパー一人で働く仕事ということです。
現場では一対一の介護となり、周りには他のスタッフがいないことからも自由に自分の判断で行動ができる点が魅力です。
施設での仕事は、スポーツに例えると団体競技のようなものですが、訪問介護は個人競技のようなものです。
自分の判断で利用者にあったケアができる点が大きな魅力で、この事で訪問介護に対しやりがいを感じる人も多いです。
何か問題があったとしても事業所の管理者や主任などに相談することもできます。
ただ、一人で行動をするために、何かトラブルが発生した場合には、自身に大きな責任がかかることにもなります。
そのため未経験者の人がいきなり訪問での仕事は少しハードルが高いでしょう。
施設での仕事でしっかり経験を積み、コミュニケーションに対して自信がついてから訪問への仕事に転職するとスムーズに仕事をすることができるでしょう。
施設内での仕事ではやりがいを感じられないと考えている人は、訪問での仕事を目標に経験を積み重ねてみてはいかがでしょうか。

Page Top