前へ
次へ

介護福祉のために相談をすること

介護のために色々な所に様々な事を相談するということが可能になっています。
高齢者が住み慣れた地域でしっかりと暮らすことができるように地域包括センターというようなところがありますので、介護のサービスなどに関する手続きの申請とか今後どうすればよいのかといったようなことを含めてお願いすることができるようになっています。
多少、各自治体で名称が異なる場合があるのですが、大よそ地域包括なんとかと言われることが多いです。
ケアマネージャーという人がいて、介護の知識がある人に多くの相談ができるようになったのです。
ケアマネージャーというのは介護関係の資格のひとつであるわけですが様々な知識を持っている人ということになりますのでその手の事の相談というのができるようになっていますし、地域の福祉としてそういう組織が作られて相談員が派遣されるようになっています。
もちろん、あくまで地域包括センターからであれば無料となります。

Page Top